ここはモリフクロウとアメリカオオコノハズクを飼ってる人間のblogです。世の中にはベタ慣れのフクロウばかりではありません。どっちかというとありのままのフクロウたちの姿をつづってるblogなので、普通の人は書かないようなバカなことや、都合の悪い話もでてきます。 フクロウ(ミミズク、コノハズク含む)の飼育について調べてみたい方は、PCならtop→のフクロウ固定記事(抜粋したもの)、フクロウ飼育の知識カテゴリ(小ネタ系含む)、携帯ならtop下のほうの記事を参照してみてください。それ以外のオマヌケなフクロウたちはフクロウカテゴリにて。 右側にコンテンツがない方は、ブラウザの幅をぐぐっと広げると出てくるかも。 時々カテゴリ単位でチェックしていただくことをお奨めします。
ブログ全体のご感想を下さる方、リンクを張られる方はこちらへ教えていただけると幸いです。
姉妹サイト「田舎に住んでます」立上げました。

<<お願い>>
画像や文章の無断転載はおやめください。このサイトのURLを転載していただく分には構いません。でも可愛いフクロウという勝手なイメージだけ一人歩きするのは困りますから。

※コメント欄のメールアドレスは、管理人以外には公開されません※
こっそりメッセージ機能追加・・・ちゃんと届くよ


『ふくろうたちの家』復刊にご協力ください
フクロウを拾ったら→雛だったら
フクロウを拾ったら→成鳥・怪我をしてたら(リンク作成中)


記事に入れると後々面倒なので こっちに分けてみました。 他のblogをお探しの方はコチラから。
にほんブログ村 猛禽類 にほんブログ村 猛禽類へ
人気blogランキング 人気blogランキング ペットへ
ブログ王 ペット ブログ王 ペットへ
blogram投票ボタン



『フクロウ飼ってます!』発売中です。参考になるレビューをいただきました。ありがとうございます。自分と違う飼い方を認められない事実誤認のレビューもネタとして面白いので必見(笑)! やばいなー、シーシェパードって言われちゃったよ。もう。 

2010年07月02日

あっけない幕切れ

6月30日明け方、自宅が全焼しました。
うそのような本当の話。
そしてつらい話。

6/30朝、目が覚めるとなんだかのどがいがらっぽくて、部屋の扉を開けると階段も何もかも煙で真っ白になってた。あわてて反対側のベランダから屋根に出ると、1Fから煙が出ていて、屋根を降りて振り返ると、もうリビングに煙が充満して炎が見えた。
はだしで庭を走って中に飛び込もうと扉を開けたけど、煙と熱がひどくてもう中に入ることもできなかった。
消防が来て火を消してくれたときには、家はもうひどい有様だった。
フクロウたち5羽は全滅。リビングとその真上のニシアメたちのいた部屋が真っ先に燃えていた。
助けてやれなくてごめん。
人間だけ助かっちゃってごめん。本当にごめん。
何もしてやれなくてごめん。
こんなにつらい思いをするなら、目を覚まさずに一緒に燃えてしまえばよかったと思った。

現場検証のとき、5羽とも最初にガスでやられていたのか、まるで眠るようにきれいな姿でうずくまっているのを見つけた。煙と炎がひどかっただろうに、綺麗な姿だった。
庭の梅の木の下にとりあえず埋めてやった。

「きっと悪夢だ」、そう思いながら警察と消防の現場検証や調書作成に付き合った。財布も携帯も何もかも燃えてしまった。
ちなみに現場検証の結果、火元は火の気の何もないリビングの一角。テレビのおいてある壁の裏が燃えていたらしい。原因はおそらく電気系統の配線とのことだった。「築3年程度でおかしいね?」と警察も消防も保険屋も首をひねった。
フクロウたち5羽を死なせ、彼らを撮った何千枚の画像の入ったPCも、彼らの沢山の羽も全部灰になった。何もかも失った。沢山の本も家財も何もかも。もちろんそんなものどうでもよかったのに。彼らさえ生きていてくれたら、またもう一度やり直せたのに。

庭のトリーズはおびえてケージから出ようとしなかったが、類焼がこわかったのでケージからとりあえず全羽放り出した。こちらは幸い庭の隅に自主的に避難して全員無事だった。この先人間がいなくなった庭先では、いつ獣に襲われるかわからないので、当分近所の養鶏をやっているうちにあずかってもらうことになった。
この欠陥住宅を建てたやつを許さない。いずれ佐久★町のY田建築を訴えるかもしれない。
ちなみにこの後保険屋との対応で、大工に図面と見積書などを出すよう要求したら、図面以外何もないとか抜かしやがった。連絡も挨拶も見舞いも何一つしないで、顔を合わさず逃げ回っている。大事な図面を自宅のポストに放り込み、取りに来いと言った。「大事な図面だから家族の誰でもいいから手渡しで」と頼んだのに、当然そんな約束を守るはずもなかった。さすが田舎大工。「配線工事は自分じゃない」とか言ってたが、工事を一括請負したのはお前で、しかも家を引き渡した後、テレビ周りの配線がおかしくて、お前が最後に作業してたのを覚えてるんだがね?

さて。そんなわけで、この機にこのblogも幕を閉じたいと思います。長い間応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。変な人たちに絡まれながらもフクロウたちのためにがんばり続けてこられたのは、一重に応援してくださった皆様のおかげでした。

最後に。
ネットに流れる声のでかいだけの人の言葉に惑わされないでください。まぁこのblogも同類といわれればそれまでだけど。人間に都合のいい意見だけを拾わないでください。
フクロウはあくまでフクロウで、人間でもオウムでも犬でも猫でもありません。フクロウはフクロウのやり方で考え、行動し、好き嫌いを判断しています。フクロウに嫌われている人はフクロウが嫌がることをさせているから。決して人間やオウムの基準で判断しないで、フクロウの考えていること、したいことを理解してやってください。フクロウの表情や挙動を汲み取ってやってください。

フクロウの心や体を傷つけないでください。
彼らだってされた嫌なことは覚えているし、怪我をすれば血も出ます。血が出るまで爪やくちばしを切るとか、嫌がるモリフクロウを無理矢理外でフライトさせるとか、そういうことがどれだけひどいことか。透明なケージ、狭いケージ、床が金網のケージや鳥かごがどれだけ彼らの心と体を傷つけるのか、少しは考えてやってください。

フクロウを並べて悦に入るのは単なる人間のエゴ。
小さなフクロウは常に大きなフクロウの捕食対象(餌)です。小さなフクロウと大きなフクロウではメンタルがぜんぜん違います。敵と餌を、人間のエゴで隣同士に並べて悦に入ったりしないでください。
それから、それから・・・自分に都合のいい意見だけ聞いて、反対意見は聞かなかったことにする都合のいい情報の取捨選択はやめて・・・考えるとあれもこれも出てくるけれど、まぁここらでやめておきましょう。

それでは、さようなら。
皆様の飼っているフクロウと皆様に沢山の幸があらんことを。



posted by モリフクロウ at 22:58| Comment(80) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんと声をかけてよいのか。。。
正直言葉が見つかりません。
フクロウ達のご冥福と、モリフクロウさんの今後に沢山の幸が訪れますよう心よりお祈り申し上げます。
Posted by アヤコ at 2010年07月03日 00:31
なんと言っていいのか。。。
とにかく残念というしかありません。

モリフクロウさんとフクロウ達の絶妙な距離感を見ていることで、フクロウを本当に大切に思うということが、どういうことなのかを学べました。

単なる情報源や How toのブログではなく、フクロウや動物達と幸せに付き合うための考え方を指南してくれたブログでした。人間のエゴがにじみ出た間違った飼い方だけはしてはいけないと思わされたブログでした。

うちのフクロウが元気なのもモリフクロウさんのおかげだと勝手に思ってます。

落ち着いたら 田舎に住んでます にでも現れてください。

ひとまず さようなら。
Posted by たな at 2010年07月03日 00:51
気づけば、何年も楽しみに読んでいたブログでした。
残念でなりません。
フクロウたちが眠るような姿だったというのが救いです。

飼い主さんの心痛はいかばかりかと推察いたします。

どうぞお元気でいて下さい。
Posted by タッキィ at 2010年07月03日 01:10
いつもブログを拝見していますが、初めてコメントさせて頂きます。
私もスピックスを飼っているので人事に思えなくて・・・こちらのブログを見ていると梟を動物をとても大切に思っている事がとてもよく分かり、その分辛い思いをされているだろうと思います。
人生は長さではありません。ありきたりですがどう生きたかだと思います。モリフクロウさんのフクロウ達はとても幸せだったと思います。その幸せそうなフクロウ達の姿はモリフクロウさんが一番わかっているのだろうとも思います。なので一緒に死んだらなんて言わないで下さい。
天国でみんな怒ってますよ。
Posted by マキ at 2010年07月03日 01:46
いつもブログを拝見していますが、初めてコメントさせて頂きます。
私もスピックスを飼っているので人事に思えなくて・・・こちらのブログを見ていると梟を動物をとても大切に思っている事がとてもよく分かり、その分辛い思いをされているだろうと思います。
人生は長さではありません。ありきたりですがどう生きたかだと思います。モリフクロウさんのフクロウ達はとても幸せだったと思います。その幸せそうなフクロウ達の姿はモリフクロウさんが一番わかっているのだろうとも思います。なので一緒に死んだらなんて言わないで下さい。
天国でみんな怒ってますよ。
Posted by まき at 2010年07月03日 01:47
こんな形で幕が下りるとは思っていませんでした…。
とてもとても残念で残酷な結末で本当に驚くばかりです。

いつも楽しい記事をありがとうございました。
いつかまた復活される事を願っています。



Posted by teru at 2010年07月03日 01:54
まずは五羽のご冥福をお祈り申し上げます。

声も無いとはこのことか、と思うばかりですが・・・。
毎日、癒されていました。
毎回、モリフクロウさんの生き物との距離感に嬉しくなっていました。
私はフクロウ飼いではありませんが、
このblogに出て来るみなさんが、とてもとても、大好きです。
見ず知らずのあなたが、大好きです。

今までありがとうございました。
Posted by シルバ at 2010年07月03日 03:53
涙が止まりません。
いい大人がblogで泣くとは思いませんでした。
子供たちの冥福を祈ります。
貴方とはお会いしたこともないですが、このblogで少しだけお話させていただいて楽しかったです。
これだけは言いたくて書きます。

貴方のおかげで、このblogのおかげで、何羽のフクロウたちが命を落とすところを助けてもらったことか。
貴方の前では恥ずかしくて言えなかったけど、我が家にもフクロウがいます。病弱な。。。
おろかな飼い主ですが、ここで勉強させてもらって、我が家のフクロウはなんとか生きてくれています。
出来るなら、いつかもう一度、復活してフクロウたちを助けてやってください。
お願いします。

でも、まず貴方の心を癒してください。
Posted by えいらく at 2010年07月03日 04:46
モリフクロウさんが無事で良かった。。。(T_T)
あなたのおかげでウチにいる仔もそれなりに幸せに暮らしてると思ってます。
フクロウズとの別れから立ち直るのは時間がかかるだろうけど、まずはご自身の生活を立て直してください。
そして落ち着いたらフクロウズと過ごした楽しい日々のことだけを思い出してください。
またモリフクロウさんと交流出来る日を心待ちにしてます。
Posted by あーと at 2010年07月03日 07:54
心中察し申しあげます。なんて声をかけて良いのやら・・・。正直ショックです。

いつも楽しみに拝見しておりました。あのフクロウ達も天国へ行ってしまったのですね。きっとモリフクロウさんを見守っててくれるはずです。全てのものを失ってしまいましたが、いずれ立ち直り必ずまたこのプログでお会いできる日を必ず待っております。ひとまずは、さよなら・・・。

Posted by ふくのすけ at 2010年07月03日 08:05
いつも楽しみに拝見していました。
本当にご愁傷様でした。はやくお元気になられることを祈っています。
Posted by Bosporus at 2010年07月03日 09:07
コメントこそしなかったものの、毎日ここにきて、モリフクロウさんとフクロウ達の日々を見るのが大好きでした。
家が全焼したのに、モリフクロウさんが無事で本当によかったです。それだけでも大変なことなのに、フクロウの事でご自身を責めないでくださいね。

フクロウ達がモリフクロウさんに飼われて幸せだったことは、写真で拝見するフクロウ達の顔に何よりも表れていると思っています。
他のどのサイトより、生き生きとして自然だったもの。

モリフクロウさんが最後まで伝え続けてくれた「フクロウと生活することの責任」を心に刻んでいきますね。

モリフクロウさんが一刻も早く、心穏やかな生活を取り戻されますよう、心より祈っております。
ありがとうございました。
Posted by mineko at 2010年07月03日 12:14
ショックです。
きっとモリフクロウさんが困難を切り抜けて再出発されるのを天国からフクロウ達がじっと見守ってくれていると信じます。
Posted by Gan at 2010年07月03日 12:41
あまりのことに思わずコメントさせていただきます。

毎日毎日欠かさず見てました。
残念で無念でなりません。

心中いかばかりかとお察しいたします。おかけする言葉が見つかりませんが、これまで本当に楽しませていただいたことに御礼申し上げると共に、5羽にお悔やみ申し上げます。

それでも風でなぎ倒された松の木がそれでも延び続けるようにモリフクロウ様がしたたかで強く明るい心をお持ちいただくようお祈りいたします。

またいつか再開されることを切に願います。

がんばってください。
Posted by どんぱち at 2010年07月03日 13:49
 何と申し上げてよいのやら、当方も唖然としております。

 モリフクロウ(灰)(茶)、ニシアメ旦那奥さんカリメロ、みんな、ご冥福をお祈り申し上げます。皆、今までありがとう。直接会ったわけではないけれど、大好きでした。

 モリフクロウさんの綴るこのblogに、どれだけ救われたか、書き表せません。フクロウの生態のことだけでなく、日常の一コマ、喜怒哀楽、その潤いに癒されていました。

 モリフクロウさん、まずはご自分をいたわってやってください。ご自分を責めないでください。
 そして、彼らを思い出して、思い切り泣いて、思い切り笑ってあげてください。人間には、思い出してやることしか、もう出来ません。

 とにかく、ご自分の生活を立て直す事が大切です。どうか、一日でも速く、落ち着いた暮らしが出来ますよう、お祈り申し上げます。

 今まで、本当にありがとうございました。
 このblogは、大切な、大切な時間でした。

 みなさん、さようなら。
Posted by ずんべらぼうず at 2010年07月03日 14:30
いつもこっそり拝見させて頂いておりましたが、あまりの事に初めて書き込みさせていただきます。
何と申し上げて良いのやら言葉がみつかりません。ただ、モリフクロウさんが無事だったことが救いです。

いつも楽しませてくれた5羽の冥福をお祈りします。

我が家にも1羽フクロウがおりますが、おもちゃやインテリアのような扱いでフクロウを売る店が多い中、モリフクロウさんの一歩引いたフクロウ達との接し方のこのブログが何よりの教科書でした。

全て閉じてしまうのが惜しいほど、素晴らしいブログです。

喪失感はとてつもなく大きいと思いますが、どうかモリフクロウさんが穏やかな生活を取り戻せることを祈るばかりです。

5羽のフクロウたちとモリフウロウさん、本当に有難うございました。

いつの日か、また再開されることを切に願います。
Posted by だいふく at 2010年07月03日 15:25
いろんな内容で読み応えがあるブログでした。
楽しい時間をいっぱいくれたフクロウ達、ありがとう。天国でもまたノンビリ暮らしてね。
またそんなフクロウ達の様子をいつもUPしてくれたモリフクロウさん、ありがとうございました。
落ち着くまで本当に大変なことが多くあると思いますが、くれぐれもご自愛ください。
とてもノビノビ過ごしていたフクロウ達は、とても幸せだったと思います。
また、ネット上でお会いできたらうれしいです。
Posted by かず at 2010年07月03日 16:02
久々にコメント、失礼します。

突然のことで、頭が回っておりません。亡くなったフクロウたちの冥福を祈るばかりです。

一つ前の記事まで元気だったフクロウたちの姿が脳裏に焼きついたままで、この記事を何度読み返しても、最初は言葉が頭に入ってきませんでした。
自分もテレビの影響でフクロウの姿に惚れこんだクチですが、このブログに通ううちに、考えを改める沢山のきっかけをいただきました。日々のフクロウたちの記録がどれも愛おしく感じられて、いつも元気を貰っていました。

まさかのつらい結末に言葉がなかなか浮かんできませんが、少しでも早く、まずは管理人さんが元気になられることを願っております。
Posted by 麻巳 at 2010年07月03日 16:03
こんなことって…

(灰)くんにもう会えないなんて、信じられません…。私、本当に(灰)くんの大ファンだったんですよ。涙が止まりません…。

モリフクロウさん、やりきれないですよね。あまりにひどすぎますよね。どうしてこんなことが起こるんでしょうか。

でも、ご本人がご無事でなによりでした。それだけは神様に感謝します。

ずっと、モリフクロウさんの生き物に対する細やかな気遣い、(灰)くんたちの楽しげな日常を流暢なトークで楽しませていただいていました。

こんな形でのさよならなんて、悲しすぎます。

どんな言葉をもってしても、慰めにはならないと心引き裂かれる思いですが、今伝えなくてはならないのはモリフクロウさんへの感謝の気持ちです。

今までずっと、ありがとうございました。

うちの子がこれまで元気につつがなく生きてこれたのは、モリフクロウさんのアドバイスあってこそです。

願わくば、モリフクロウさんが1日でも早く立ち直られてまた、フクロウたちと暮らせるようになることを切望いたします。

私で力になれることがございましたら、遠慮なく仰ってくださいね。

ずっとずっと応援してます。
Posted by ぽて at 2010年07月03日 16:08
はじめまして。初コメントです。
記事を読みながら泣いてしまいました。。。
私も悪い夢を見ているようでした。
モリフクロウさんと5羽のフクロウ達の距離感が好きで、
毎日楽しみに読んでおりました。
モリフクロウさんのフクロウに対する意見は
偏ったものではなく、独りよがりでもなく、
本当に大切に思っている方の言葉だと
感心して読んでおりました。
こんなにもフクロウのことを大切に思っている方に
こんなことが起きるなんて・・・ショックです。。。
5羽のフクロウ達はモリフクロウさんにこんなにも愛されて
皆本当に幸せだったと思います。
どうかご自分を責めないでくださいね。

いつかまた、このブログに戻ってきてください。
5羽のフクロウ達のためにも。
その時が来るまでずっとお待ちしております。
Posted by 菜乃 at 2010年07月03日 16:22
いつも楽しみに拝見していましたが、初めてコメントさせていただきます。
突然の事で、驚きで言葉になりません。モリフクロウさんのお気持ちを考えると、とても切ないです。
ご自分を責めないで、お身体を大事になさってください。
5羽のご冥福をお祈り致します。
Posted by 繁 at 2010年07月03日 18:33
余りの事に信じられません。
モリフクロウさんには心からのお見舞いを
そして5羽の冥福を心から祈ります。
Posted by しままめ12号 at 2010年07月03日 19:24
今日の今になってpcを開けて、
知りました。
言葉もありません・・・・・・・・・・
モリフクロウさん、どれだけご心痛のことか・・・・
家が全焼するだけでもどうすればいいのか解らない
ぐらいなのに・・・・

思い起こせば3年前、フクロウを飼ってみたいな!
と安易に思って検索してこのブログを知りました。
初心者にも解るように、詳細にフクロウとの
付き合い方が書いてあって、ずいぶん教えてもらった
事が多いです。

5羽のご冥福をお祈りするしかありません・・・・
野生でいても、山火事など起こって
命を落とすことはあり得ます。
ご自分を責めないでくださいね
モリフクロウさんと暮らして幸せだったと思います。

私にはこれしか言えません・・・・・
気がきかなくてすみません・・・・
Posted by みかん at 2010年07月03日 21:23

こんなことがあったなんて・・・知りませんでした。

ご冥福を祈ります。
Posted by りんご at 2010年07月03日 22:20
あああ涙が止まらない。
ごめんなさい、言葉がみつからない。
フクロウ達ありがとう
いつもブラウザの向こう側からだったけど、モリフクロウさんの愛情溢れる文章を通じてあなた達を身近に感じてきました。
ずっと忘れないからね
Posted by 文鳥飼い at 2010年07月04日 02:04
3年間 毎日 何度も読ませていただきました。

パソコンをたちあげたら、メールをチェックして
此処に来るのが 日課でした。

モリフクロウを飼っていますので、いろいろ教えていただきました。

最新のブログを見て 24時間、言葉もありません。5匹のフクロウは 私にとっても かけがえのない愛しい存在であったと わかりました。 

もう一度、はじめから、読んでみます。

モリフクロウさん ありがとうございました。
Posted by とも at 2010年07月04日 04:59
余りにも突然で悲しい出来事に、昨日はコメントできませんでした。
もしかして何かの間違いとだったのではと思いながら訪ねましたが、
現実のことであり誠に残念です。
モリフクロウさんのフクロウやニワトリを始めとする動物と
自然に対する考えに感銘を受け、毎日このブログを読むのが楽しみでした。

五羽のフクロウは、それぞれ個性があって皆好きでした。
ご冥福をお祈りいたします。
Posted by flyのホ〜 at 2010年07月04日 05:51
初めてコメントさせていただきます
本当に悲しい出来事で、何回読み返しても涙がとまりません

去年12月に我が家もモリフクロウを迎えました、そのために色々検索してモリフクロウさんのブログに出会え、この半年過去の記事も読ませていただき毎日のように訪問させていただきました。

モリフクロウさんの心中をお察しすることなど到底できませんが、ブログの中のフクロウさんたちはモリフクロウさんのところで本当に幸せだったと思います、どうかご自分を責めないで下さい。
いつか心が落ち着いた時、もう一度フクロウたちと暮らしたい、と思っていただけることを切に願っております。

私たちには教科書のような存在です、またお会いできることを待っております、ありがとうございました。
Posted by モリフクロウのママ at 2010年07月04日 09:40
きょうモリフクロウと、連絡すればよかった?
Posted by BlogPetのアマテラス at 2010年07月04日 14:55
いつもここにくれば、管理人さんにも灰君にも茶君にも、だんなさんにも奥様にも、カリメロ(仮)くんにも会えるものだと思っていました。
あまりにくやしい。つらいです。
あんまりです。
築三年! 
みんな幸せそうで、その姿を画像で見たら、どんなときでも幸せになれたのに! 
管理人さんのお気持ち、察するにあまりあります。
 ただ、灰君も、茶君も、ニシアメ夫妻もカリメロ君も、みんな管理人さんと暮らせて、世界でいちばん幸せだったと思います。
 また管理人さんにお会いできますように……。心からその日を待っています……。
Posted by netowl at 2010年07月04日 15:07
私は初めてフクロウを飼ったとき、モリフクロウさんの
ブログにとても助けてもらいました。
それからは、私のフクロウの友達のように、みんなの
成長を楽しんでおりました。
本当にお辛いでしょうが、はやくモリフクロウさんが元気に
なれますように、遠くから私たち家族はおもっています。
ありがとうございました。
Posted by nyai at 2010年07月04日 17:38
あまりに急で…、察するに余りある管理人様のご心痛、ただただ茫然としております。
モリフクロウ様が飼ってらしたフクロウ達だけでなく、野生に生きる彼らにも深い愛情を持って接しておられたことは忘れられません。
Posted by たこ焼きの国 at 2010年07月04日 22:53
あまりのことに言葉がありません…
好きなフクロウたちに囲まれて暮らす、管理人さんの生活は、いつも私の憧れでした。
それが、こんな形で…ブログを読んでいただけの私にとっても悪夢のような気がするのだから、管理人さんにとっては、どれほどの悲しみであろうかと……

何をどう書けばよいのか、筆がすすみませんが、
今まで、管理人さんとフクロウ達には、本当にたくさんの気付きや幸せをいただきました。
どうか管理人さんの大きすぎる心の傷が、いつか、少しづつでも癒えてゆきますよう…遠くの空から祈っております…
Posted by 雀 at 2010年07月04日 23:28
管理人さん…
管理人さんが無事でよかったですよ。本当に本当によかった。

わたしはあなたのこのブログのおかげで、病の床で苦しかった時も癒されました。
うちのあの子の形にあいちゃった心の穴もなんとか塞いでもらいました。

灰くんや茶くんや西雨夫妻に仮メロくんとこういう形でさようならだとは信じたくありませんが、そこは管理人さんが一番辛いですよね…。

でも、あの人たちは管理人さんのところで幸せだっと思うんです。それは私の勝手な思い込みなんですけど…。あの人たちのご冥福を祈ります。

今は、いろいろ大変な状況だと思います。
とにかく、早く事態が収束して日常が戻ることを祈っています。
管理人さんがご無事で本当によかったです…。
Posted by にゃら at 2010年07月05日 00:53
毎日楽しみに読ませて頂いていました。
もう愛らしい彼らの話は聞けないのですね。
夢であったらどんなによかったでしょう。
せめて彼らには安らかに眠って欲しいです。

いつか、モリフクロウさんの心が癒えて日常が取り戻せた頃
ネットで出会える事を願っております。。。
Posted by たこ at 2010年07月05日 01:57
初めてコメントします。
フクロウが飼いたくてここにたどり着いたのが1年前位。拝読してフクロウを飼うのを諦めた一人です。こんな悲しい事になるなんて。
フクロウたちのご冥福をお祈りいたします。
Posted by しん at 2010年07月05日 09:52
言葉がありません。

本当に、心から、
5羽のご冥福をお祈りします。
そして、モリフクロウさん、
ありがとうございました。

きっと、また、どこかで
会えることと思います。
それまで、トリーズとお元気で。
Posted by シャムロック at 2010年07月05日 12:34
混乱してしまって。。泣いています。

私自身、いろいろあって、さよならだけが人生だ、いつでも今日が最後の日の覚悟で、家族にも
飼い猫にも友人にも接して暮してきたけれど。。

小さなものたちとの別れは辛いです。

でも、モリフクロウさんが生きててくれた。

トリーズたちのためにも、

モリフクロウさん、再会したいです。
Posted by blind moon at 2010年07月05日 18:57
久しぶりに来て、あまりのことに涙とまりません。おかけする言葉も見つからず…

フクロウさん達はきっともう天国で飛び回っているのでしょう。

やっぱり何を書いていいのかわからないや

でも、モリフクロウさんが生き残った事、必ず意味があるんです。ダイジョウブ
Posted by ちきべー at 2010年07月06日 00:11
はじめてコメントします。

驚きとショックですぐにコメント出来ませんでした。何回読み返しても体が震えます。
嘘であってほしいけど・・・現実なんですね。

2年くらい前からほぼ毎日楽しみに読んでいました。かわいいフクロウたちにとても癒されてました。
いままでありがとう。どうか安らかに眠ってね。また5羽のフクロウ達にあえるといいな。

管理人さんこれから色々大変だと思いますが、お体には気を付けて下さい。
いつかまたブログを再開してほしいです。待っています。



Posted by みい at 2010年07月06日 01:22
なんと申し上げれば良いのか ・ ・ ・
モリフクロウさんのお気持ちを想像すると
つらくて涙がとまりません。

まるで虫の知らせだったかのように、
このところ、いきなりVDSLが故障したり、
ご近所の元気なペットたちが亡くなったり怪我をしたり、
落ち込む日々でした。

もう、今回は寝込んでしまいそうです ・ ・ ・

モリフクロウさんが一日も早く
立ち直ってくださることを
心よりお祈り申し上げます。

うそであって欲しい!!

ここへ来れば、
今までどおり、
カリメロ君たちに会えますね!!




   
Posted by きなこ at 2010年07月06日 04:55
フクロウさん達のご冥福をお祈りします。
赤の他人の私でさえまだショックで夜はなかなか眠れません。
管理人さんのご心痛は想像もつきません・・・。

数年前、フクロウって可愛いなぁ飼えるのかなぁと思い、検索してここに辿り着きました。
このサイトは私にはフクロウは飼えないと判らせてくれたサイトでした。
実際に飼う事は諦めたけど、その代わりにここを覗くのが楽しみでした。

このサイトは残しておいてください。
そしていつの日か再開を待っています。

管理人さんの心に少しでも早く平穏が訪れますように。
裁判、勝ってください。


Posted by こま at 2010年07月06日 13:47
フクロウが飼いたいけど このプログのおかげで 勉強不足な自分に気付かされ 踏み止まる事が出来て 感謝してます。

残念 としか 言えません。
ただ、人生 ホントに いろいろあります。

『七転び八起き』

頑張って下さい。

勝手に 応援してます。
Posted by まつ at 2010年07月07日 13:04
初めてコメントさせていただきます。
まずはモリフクロウとニシアメのご冥福をお祈りします。
管理人さんもご無事でなによりです。

いつもこっそり覗かせてもらってフクロウの写真に癒されていました。特にニシアメは親子ともに楽しくみさせていただきました。

できることならサイトはこのまま残してほしいです。
管理人さんのご心中お察しします。
いつかまたブログを再開してほしいです。

お気を落とさずに、これからもがんばってください。
Posted by rin at 2010年07月08日 21:31
初めてコメント致しますm(_ _)m

自分もいずれスピックスコノハズクを飼いたいと思っていまして、こちらのブログにて随分勉強させて頂きました。
また日々の記事も楽しみに読ませて頂いていました。

今回の記事を拝見して、とてもショックで涙が出てきました。
管理人さんの辛いお気持ちはきっと計り知れないことと思います。辛い気持ちをこらえて文章にして下さったご心中も、きっと計り知れなかったと思います…。

モリフクロウ(灰)ちゃんと(茶)ちゃん、ニシアメ夫妻とカリメロちゃんのご冥福をお祈り致します。

でも管理人さんがご無事で何よりです。
お辛いでしょうけれど、どうぞ今の時を乗り切って下さい。


誠に手前勝手なお願いなのですが…、こちらでの記事は残しては頂けませんでしょうか…?飼育に関する記事と共に、日々の記事もとても貴重だと思いますので、是非残して頂けたらと…。

勝手なお願いで申し訳ありません…m(_ _)m

モリフクロウ(灰)ちゃん、(茶)ちゃん、ニシアメご夫妻、カリメロちゃん、今までどうもありがとう…♪ゆっくりお休みして下さいね…(*^-^*)

いつか沢山の時が経ったら、またいつかモリフクロウさんのフクロウブログを読みたいです。どんな形でもいいですから…。
でもそれまでは、どうぞゆっくりお休みして下さいね…♪

今までたくさんたくさんありがとうございました(*^-^*)
Posted by ふくろう at 2010年07月09日 11:15
あまりに衝撃的で、ショックで、
コメントを書くのに随分かかってしまいました。

5羽の小さな命に心からご冥福をお祈りすると同時に、
管理人様の日々が1日でも早く落ち着くよう願っております。

こちらで沢山勉強させて頂き、
念願叶ってやってきた我が家のフクロウも今年で3歳になりました。
素敵なサイトをありがとう。
どうかお体ご自愛くださいませ。
Posted by sakura at 2010年07月09日 16:59
あれからも毎日来ています。
ご負担かもしれませんが再開することを楽しみにすることをお許しください。

では。
Posted by どんぱち at 2010年07月10日 23:59
いつも楽しく拝見させて頂いておりました。
コメントさせていただくのは、2回目になるかと思います。

正直、この記事を拝見させていただいたとき、モリフクロウさんの心痛を思うと、もう、何と言っていいのか、言葉もありませんでした。
あの可愛らしいフクロウさんたちに、もう、会えないかと思うと、とても悲しくなります。

どうか、決してご自分を責めたりしないで下さい。
亡くなられたフクロウさんたちのご冥福と、モリフクロウさんが、一日も早く、回復されて、いい日が訪れることを、心から祈っております。
本当に、素敵なブログを、ありがとうございました。
Posted by 寝夢 at 2010年07月11日 05:05
モリフクロウさんのtwitterIDは@toomanyowls

友人達?がポスター売って支援金集めてるらしい。

http://green.ap.teacup.com/denkow/2114.html

ねこマスター=toomanyowls=モリフクロウさん
Posted by 通りすがりだけど at 2010年07月12日 19:47
今、見ました。
ビックリ!

しかも5羽も全部死ぬなんて・・・
法律上は物でしか無いけれど家族ですからね。

その建築屋
悔しいです!
Posted by はかせ at 2010年07月13日 02:06
今、拝見して驚きました。
自分のことのようにショックで体が震えています。

とにかく今は、ご自身の心と体をケアしてください。
でないと、天で見ている愛鳥さんたちが悲しみます。

時に厳しく、時に優しいふくろう愛好家として、私たちに赤裸々に語りかけてくれたモリフクロウさん、
サイトが閉じてしまっても私たちはたくさんの鳥さんともども決して忘れません。

長い間、ありがとうございました。そしてお疲れ様です。
心よりご冥福をお祈りいたします。
Posted by 鳳 春香 at 2010年07月13日 08:23
私は小学校6年生です。
初めてコメントさせていただきます。

毎回ブログを見るのを楽しみにしていました。
すごくショックで悔しくてたまりません。
読んだとき、ショックでクラクラしました。

天国で見守ってくれているフクロウちゃんたちのためにも、早く元気になってください。
応援しています。
Posted by USAVICH at 2010年07月14日 17:19
はじめてコメントさせていただきます。
久しぶりにこちらをのぞいてみて、まさかこんな結末を
迎えていたなんてショックです…。

いつもモリフクロウさんのお書きになる文章や
フクロウたちの様子に元気をもらっていました。
悲しくて仕方ありません。

フクロウたちのご冥福をお祈り申し上げます。
モリフクロウさんがまた平穏な生活を取り戻されるのを
切に願っております。
本当にありがとうございました。
Posted by ほしじょろう at 2010年07月14日 22:03
ご無沙汰していて ふと立ち寄れば 大変な事に・・・

心中お察しいたします
なんて言ってよいやら 悲しい
ただただ悲しい
フクロウと同居する身として 在ってはならない事
苦しかったろうに・・・
涙が 止まりません

落ち着いたら継ぎを
命を継いでください

過去にフクロウを2羽 落鳥しています
かなり落ち込みました
そんな私を救ってくれたのは フクロウ達です
お願いです
命を継いでください
Posted by 彝遠玖 at 2010年07月16日 01:56
フクロウが飼いたくなり、フクロウで検索していたらたまたまモリフクロウさんのホームページにいきつき今日初めて拝見しました。

日記を見ていて本当に本当に素敵な飼い主さんに愛されて育っているんだなとフクロウ達がうらやましくなっちゃいました。
そんな方と一生を過ごせたフクロウたちは幸せ者ですね!
フクロウ達はもうずっと飼い主さんについていると思いますよ。
もしかしたらモリさんの肩に座ってるかも!^^
Posted by emi at 2010年07月17日 21:27
久しぶりに見た途端・・・絶句しました。
このページは当方にとって動物の飼育は金魚オンリーですが、素晴らしい教科書でした。
「目を覚まさずに一緒に燃えてしまえばよかったと思った。」は禁句です。
天国にいる5羽のフクロウさんも見守っています。
Posted by 金魚のぷく at 2010年07月18日 07:59
そんなことがあってから、たった二日でこれだけのことをネットに書けるのが、色々な意味で凄いね。
Posted by 通りすがり at 2010年07月20日 09:08
モリフクロウさん
毎日毎日ここに来てしまいます。
我が家にも1歳半年のふくろうがいます。
今まで言葉が見つからなかったです。

沢山のありがとう
皆に愛されてたふくろうさん達、ありがとう





Posted by 香折 at 2010年07月20日 17:15
モリフクロウさん
毎日毎日ここに来てしまいます。
我が家にも1歳半年のふくろうがいます。
今まで言葉が見つからなかったです。

沢山のありがとう
皆に愛されてたふくろうさん達、ありがとう





Posted by 香折 at 2010年07月20日 17:17
モリフクロウさん
貴方に愛された子供たちきっとあなたの元に帰って来ますよ 
Posted by ぺる at 2010年07月21日 22:38
こんばんわ。
また書き込みます。
消えてしまうことが怖いので古い記事を順番に少しづつ読んでいます。
本当によいブログですね。
読み終わるころには、事の顛末についても少しでも良い結果が出て再開できるてといいなと祈っています。
Posted by どんぱち at 2010年07月25日 21:44
コメントを書き込ませていただくのは初めてになります。
4年半ほど前にフクロウを飼い始めたころ、こちらのブログをよく読ませていただいておりました。
こんな結末を目にすることになるとは思いもよらず、ただただショックです。
フクロウさん達のご冥福をお祈り致します。
私は当事者ではありませんが、モリフクロウさんに愛されていた子たちはきっと幸せであっただろうと思います。
辛く、悲しく、とても苦しいと思いますが、それでも、残ったあなたはどうかまた命を繋いでいってください。
きっと彼らもそれを願っています。
今まで、本当にありがとうございました。
Posted by りーぺん at 2010年07月29日 14:39
信じられません。
5羽のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
あまりに残酷でショックです。

またいつかブログを再開される日を楽しみに
しています。

大工許せないですね!
Posted by 恋次郎 at 2010年07月30日 19:02
もう、1ヶ月か。。。
昨日のことの様です。
こんなに沢山の方がコメントを書くなんて、
すばらしいブログ、愛されていたんですよね。
モリフクロウさん、そしてフクロウ達。
みなさん仰っていますね。
命、繋いでいってください。
Posted by えいらく at 2010年07月31日 15:11
初めまして。モリフクロウサン悲しい、悔しい胸の張り裂ける思いと存じます。実は私も7月22日に15年一緒に連れ添ってくれたトラフズクを亡くしました。ペットロス症候群です。トラフズクはもともと渡り鳥ですので、飼い始めた当初からいろいろ困難を乗り越えてきました。ところが私のミス、テフロン加工の鍋を短時間ですが空炊きしてしまったのです。ブログをご覧の皆様もくれぐれもご注意ください。15年の月日を一瞬で亡くしてしまいました。モリフクロウさんのブログを拝見して、涙を抑える事ができませんでした。そして共有できる思いをお伝えしたく、共に新たな希望を持ちスタ−トしましょう。乱筆で申し訳ございません。
Posted by 目黒のトラ at 2010年07月31日 20:39
モリフクロウさんの書いている「普通の人は書かないようなバカなことや、都合の悪い話もでてきます。」ですよね。
目黒のトラ さん。
モリフクロウさんへのコメントへの返信、ルール破りかもしれませんが、、、ありがとうございます。気をつけます。
ペットロス症候群は新しい命を繋ぐことで癒されます。


Posted by えいらく at 2010年07月31日 22:23
初めまして。
4週間程留守にしていて、その分読み返すの大変だろうなぁと思いつつ久しぶりにアクセスしたら、まさかの記事がトップにありました。

フクロウたちのご冥福をお祈りします。
こちらのブログを通じて「こんなフクロウがいるんだって」と家族と話をすることもありました。
私にとっても愛しい存在でした。
これまでありがとうございました。

大変な時期が続くと思いますが、モリフクロウさんご家族と、現在離れている鶏たちが健やかでありますように。
そしていつかまた再会できることを願ってます。
Posted by 岐悠 at 2010年08月01日 03:29
初めまして。
最初にブログを見たとき衝撃のあまり泣いてしまい、時間をおいてようやく書き込むことができました。

モリフクロウさんのブログは一年半ぐらい前から拝見していて、受験生のときも勉強の合間にこのブログに癒されてました。
天国に行った梟さん達に心からのご冥福をお祈り申し上げます。
モリフクロウさんの育てられた子達はきっと幸せだったと思います。どうか鶏さん達が幸せに暮らし、モリフクロウさんの以前の日常が戻ってくることを祈っています。
長文失礼しました。
Posted by 後頭部 at 2010年08月06日 09:08
復活される日を待っています。
Posted by kai at 2010年08月11日 22:07
2年ぶりにたずねて見たらこんなことになっててビックリです。

Posted by noharm at 2010年08月12日 15:22
ずっとブログを読ませてもらっていました。
信じられません。

時間が、すこしは癒してくれていますか?
Posted by みい at 2010年08月17日 06:38
また、一月たちましたね。
まだ、まだ、ですね。
Posted by えいらく at 2010年08月31日 22:02
お元気ですか?
HPが継続されていることにとても感謝しています。
以前からのページを大事に読んでおります。
どんなお慰めの言葉を綴っても、同じ境遇を味わったことの無い私の言葉は、自分でも軽く感じられてしまいます。
だから、お礼の言葉だけ、お伝えしたいです。

もりふくろうさん、こんな素敵なHPを作って
下さって本当に有難うございます。

お陰様、ウチのフクロウも毎日元気な顔を見せて
くれています。

ありがとう。本当に、ありがとう。

どうか、モリフクロウさんが再び立ち上がって
くれますように、祈るばかりです。
Posted by だいふく at 2010年09月03日 16:43
突然の訃報に驚いております。
亡くなった子らの御冥福をお祈り申し上げます。
Posted by どっかのセンセイ at 2010年09月20日 20:37
久しぶりにお邪魔して驚いています。
何と言っていいのか言葉が出てきませんが、
5羽の冥福をお祈りいたします。
Posted by Riku at 2010年09月23日 20:52
3ヶ月経ちましたね。
わずかでも落ち着きましたか?
ほんの少しでも癒されておられたら良いのですが。。。
Posted by えいらく at 2010年09月30日 21:11
都合でしばらくお邪魔できなくて、今月に入って最後の記事を読みました。
モリフクロウさん、今どうしていらっしゃるんでしょうか。
モリフクロウさんの言葉から、今までにたくさんの事を教わりました。
モリフクロウさんとフクロウたちの日々に、いつも勇気付けられていました。
我が家の盲目のアオバズクさんは今日も生意気です。大切にします。
今まで、本当にありがとうございます。

涙がとまりません。
モリフクロウさんと、亡くなった5羽の幸せを、心からお祈りしています。
Posted by ぱんたぬき at 2010年10月17日 17:39
ずいぶん長い事このブログを見させて頂いてました。コメントを残すのは今回が初めてですが。たったいまこの記事を読みました…。本当に残念でなりません…、モリフクロウさんが今どれほどの絶望と悲しみと怒りの中にいるのかは私なんかには理解出来るものではないと思います…私は何も言える立場ではないですが、ただ、あなたが生きてくれれて本当に良かった。今まで本当にありがとうございました。
Posted by Cyne. at 2010年10月18日 23:33
ここ二日に何度かこちらのサイトに目を運びました。
理由はメンフクロウを迎える為に本当を知ろうと再三ネットで調べる度にここへ辿りつき気にかかって書かれる事を読んでいたからです。
そしてこの記事に今辿りつきました。

勿論言葉はありません。

甘い気持ちで一緒にいる事は出来ないのも他の記事で十分教えてもらっています。
ただ、猛禽類以前にいっしょにいる事の刹那を大事に思う気持ちを貰いました。

少し古い日付に書き込むのはもう不躾かと思いながら、命と愛の大切さを重んじて只今泣いているままに情熱で伝える我侭ごめんなさい。

これから、フクロウと共にしようとしている自分と向き合い、慎重に覚悟します。
自分が一緒に生きていけるかをしっかりと考え直します。
お顔みえずですがこちらに出会えた事に感謝します。
ありがとうございます。
Posted by 百合子 at 2011年03月03日 20:22
フクロウ(とっこ)と言われて、
何となくフクロウを描きたいな。
でも、描くからにはキチンと知ってから…と思って色々なサイトをみていくうちにモリフクロウさんのサイトに辿り着きました。
古い日記から順に読んで居て、ときには笑ったりホッコリしながら読んで居ました。
何年分もの日記があったのでやっと今この記事辿りつきました。

この1年、ほんとうに大変な思いをされて来たのだろうと思います。。

言葉がありません。

Twitterのほうでもレスありがとうございます。

トリーズとの日々、今後の日記もぜひ更新してください。
微力ながら…応援しています。

Posted by 桑水流みき at 2011年07月12日 16:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


記事に入れると後々面倒なので こっちに分けてみました。 他のblogをお探しの方はコチラから。
にほんブログ村 猛禽類 にほんブログ村 猛禽類へ
人気blogランキング 人気blogランキング ペットへ
ブログ王 ペット ブログ王 ペットへ
blogram投票ボタン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。