ここはモリフクロウとアメリカオオコノハズクを飼ってる人間のblogです。世の中にはベタ慣れのフクロウばかりではありません。どっちかというとありのままのフクロウたちの姿をつづってるblogなので、普通の人は書かないようなバカなことや、都合の悪い話もでてきます。 フクロウ(ミミズク、コノハズク含む)の飼育について調べてみたい方は、PCならtop→のフクロウ固定記事(抜粋したもの)、フクロウ飼育の知識カテゴリ(小ネタ系含む)、携帯ならtop下のほうの記事を参照してみてください。それ以外のオマヌケなフクロウたちはフクロウカテゴリにて。 右側にコンテンツがない方は、ブラウザの幅をぐぐっと広げると出てくるかも。 時々カテゴリ単位でチェックしていただくことをお奨めします。
ブログ全体のご感想を下さる方、リンクを張られる方はこちらへ教えていただけると幸いです。
姉妹サイト「田舎に住んでます」立上げました。

<<お願い>>
画像や文章の無断転載はおやめください。このサイトのURLを転載していただく分には構いません。でも可愛いフクロウという勝手なイメージだけ一人歩きするのは困りますから。

※コメント欄のメールアドレスは、管理人以外には公開されません※
こっそりメッセージ機能追加・・・ちゃんと届くよ


『ふくろうたちの家』復刊にご協力ください
フクロウを拾ったら→雛だったら
フクロウを拾ったら→成鳥・怪我をしてたら(リンク作成中)


記事に入れると後々面倒なので こっちに分けてみました。 他のblogをお探しの方はコチラから。
にほんブログ村 猛禽類 にほんブログ村 猛禽類へ
人気blogランキング 人気blogランキング ペットへ
ブログ王 ペット ブログ王 ペットへ
blogram投票ボタン



『フクロウ飼ってます!』発売中です。参考になるレビューをいただきました。ありがとうございます。自分と違う飼い方を認められない事実誤認のレビューもネタとして面白いので必見(笑)! やばいなー、シーシェパードって言われちゃったよ。もう。 

2013年01月19日

フクロウもろもろの出るテレビ番組

う。twitterでは流したんだけど、こっちに書く気力なくて前日になってしまった・・・。

明日、1月20日(日) 14:00 〜 15:25 より、テレビ朝日系列でシマフクロウの出る番組が放送されるらしい。
番組名 『よゐこ&鈴木福くんのどうぶつ調査隊が行く! 旭山動物園2013』
放送日時 2013年1月20日(日) 14:00 〜 15:25
番組の基本情報はこちら

◇番組内容
今回はよゐこと鈴木福くんが「動物調査隊」を結成。キリンやキタキツネの生態を調べて旭山動物園の新しい施設に役立てようと大奮闘!よゐこの濱口優はなんとアフリカまで野生のキリンの生態調査に行き、オスとメスの食べ方の違いを発見!
果たして調査結果は、旭山動物園の行動展示にどう活かされるのか!?この他、有野晋哉はキタキツネを、鈴木福くんはペンギンやシマフクロウの驚きの能力を大調査!見どころ満載でお届けします。


もともとはHBC(北海道放送)の番組らしく、HBCの方が詳しかったりして。HBCのHPはこちら。アライグマなどの外来種の話、シロフクロウの映像もありそう。取り上げ方は少ないので、あんまり沢山じゃないのかもしれないけど。見られる方はぜひ。

その他にCSのアニマルプラネットでは【地球ものがたり】というシリーズで各地の自然のドキュメンタリー番組を流していたんだけど、この番組中にちらほらとフクロウたちの姿が。どんな環境で暮らしているかだったり、どんな動物かの説明もさらっとあったりするので、フクロウに興味のある方は見ておくといいかも(これで見られるかわからないけど、一応番組表のリンクを貼っておく。【地球ものがたり】の検索結果
ダメそうなら、HPのトップから検索を)。
話数が多いから全部チェックするのは大変なんだけど、番組詳細でフクロウとかミミズクとか引っかかる検索ワードが入ってないからさぁ。全部見てるよ、うん、全部(笑)。綺麗な自然の風景は環境映像としても癒されると思う。

今まで見たヨーロッパ、フランス、ドイツあたりでは、ワシミミズク、モリフクロウの声、キンメフクロウ、ドジっ子スズメフクロウなんかの姿が見られた。日本でもこういうちょっと淡々としたドキュメンタリー番組をもう少し作ってくれないものだろうか。子供っぽいナレーションは要らないと思う。

他に『大自然ドキュメント:北極圏』と題したシリーズで、シロフクロウが出て来るらしいんだけど、こちらは未確認(しかも検索がうまく出ないので、大自然ドキュメントで検索してね(汗)。あ、もしかして北極圏だけの方がうまく検索できたかもしれない)。出ると書いてあるんだから出るんだろうとは思うけど・・・(笑)。こちらもアニマルプラネットを見られる方は是非。

今度はもうちょっと早く告知できるように頑張るよ・・・(涙)。


posted by モリフクロウ at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

あけましておめでとうございました

FUJI01005.jpg


そんなこんなで新年早々出かけていたり、頭痛で倒れていたりで、いつも通りの寝正月に・・・(おい!)。
メッセージくださった皆様、ありがとうございました。今年もモリフクロウ並みのぼんやり加減で適当に更新しつつ進みたいと思います。忍耐強く生温かい目でぼちぼちお付き合いくださいませ。

放鷹術の話は携帯からあげたので、後で書き直して画像をつけないと、と思ってるままだし、花鳥園にもこっそり行ってきた話も書いてないし、ネタはあっても書く体力がないという日常。正月のアフコノ大量画像なんかもネタにあったのに、どんどん風化していってしまう・・・。

まぁそんなこんなでゆるゆると。
一部で人気のトリーズたちも、一応氷点下10度の世界でも無事なんとかやっています。さすがに土が凍って掘れないし、朝は水入れが巨大な製氷機(厚さ15センチの氷)になっていて水が飲めなくて怒ってます。緑もほとんどなくなったんでケージに白菜とキャベツを入れてやったけど、白っぽい野菜は野菜じゃないので、それもまた「美味しくない!」って怒ってるし。どんだけわがままなんだ・・・。
あ、うちの卵と遜色ないくらい美味しい卵を見つけた話もまた今度。

そんなこんなで、今年一年皆様とフクロウたちとほかもろもろにとって良い年でありますように。


posted by モリフクロウ at 12:04| Comment(2) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

放鷹術

先日お伝えした放鷹術ですが、実演のためのハヤブサが行方不明のため、午前のハヤブサ回は通常のワシタカの実演になっているそうです。

実はこっそり午後の会を見に行ったのですが、幸い好天に恵まれました。が、これがまた強風に、カラスの群れに、機嫌を損ねたお鳥様に、もう大変なことに(汗)。最後までハラハラする実演でした。
今回女性の鷹匠さんが沢山出られていて、いい意味でぜひ多くの方に見ていただきたい放鷹術の実演だと思います。男性ばかりの社会に飛び込まれた女性鷹匠と、それを認められた師匠の鷹匠に感服するばかり。本もでているのですが、それはまた改めてご紹介します。

20分くらい前に現地についたのですが、予想外に人が沢山。1000人くらい、すでに座ったり大砲みたいなカメラ抱えて待ち構えていたりでびっくり。行かれる皆様は早めの行動をお勧めします。
据え回しや、振り替え、鷹匠体験(見物客から4人ほど、手にグローブをはめて鷹の渡りをさせてもらえます)など、約1時間ほど放鷹術の実演を楽しむことができました。

携帯からの投稿なので、改めて書き直しますが、取り急ぎあげてみました。画像もまた今度。

今回見た感じだと、見る側のマナー、主催側の注意のどちらも今ひとつかな、と。
あまり脅してはいけないと思いつつも・・・『猛禽の前に子供をいきなり出してはいけない』こと、『猛禽に不用意に近づいたり、後ろに回り込まない』こと、をご注意ください。何かあってからでは遅いです。今回、終了後に鷹匠のところにカメラを構えた人たちが殺到してですね、見てるこちらが「あれ、危ない(汗)」「鳥が可哀想」と思う場面もチラホラ。主催の注意を守ってたら自分が写真を撮れないと思ってか、ものすごい勢いで鷹匠を取り囲むわけですよ。鳥は暴れるし、なんかちょっと・・・自分だけいい写真を撮りたいんでしょうね。本当に猛禽が好きなら、もう少し鳥のことを考えてあげてほしいと思います(鷹匠さんたちは大変大人の対応をしていらっしゃいましたが)。
自分に向かってゴリラの群れがすごい勢いで殺到したら怖いでしょ・・・それも四方を取り囲むってさ・・・。たとえゴリラに危害を加える気がなくてもですよ。いきなり手を出して触ろうとするとか、イヌネコじゃないんだから最悪です。

・早めにいい席を確保する(場所は市場通りよりの牡丹園近くです)
・フラッシュは焚かない
・いきなり手を上げたり、立ち上がったりしない
・走らない
とりあえず、獲物を連想させるような暴れる動きをしないこと。終演後に鷹匠が鷹を据えたまま柵のすぐ手前に来てくれますので、柵を越えて近づかない。そういった見る側の最低限のマナーを守りましょうね。
書きたいことは沢山あるのですが、またあらためて。

あ、明けましておめでとうございます(笑) 。


posted by モリフクロウ at 00:24| Comment(4) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

よいお年を!


どうせもろもろ混むので、twitterもblogも早めに離脱(笑)。

今年はフクロウの本を出すという新しいことに挑戦できた年でした。まだ交通事故の後遺症が辛いけど、新しい方に沢山出会えたり、つながったり、保護フクロウを迎えたり、少しは前に進めたのかな、と個人的に思っています。

折角引き取った片翼のフクロウをはじめ、お別れも沢山あったけど。
トリーズは1羽を除いてほぼ新世代に。やっぱり雌鶏は5歳生きるのは難しいのかなぁ。最後の古い世代の一羽(もうすぐ5歳)も、なんとなく内臓に腫瘍があるような嫌な体調になりつつあります(何度か見たので、それと同じ感じ)。冬越しは難しいかもしれないなぁ。採卵用の鶏は生殖系を酷使するから、なかなか天寿が全うできないんだね。

ながらくお付き合いくださった皆様、本当にありがとうございました。皆様のおかげでこのblogを続けることができて、本当に感謝しています。

それでは、よいお年をお迎えください。
フクロウたちにもよい年でありますように。怪我なく健康に長生きできますように(祈)。

あ、うちの本amazonの在庫が復活した(笑)。


posted by モリフクロウ at 12:21| Comment(2) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

顔を洗うフクロウ?

ふとした会話から思い出したことがあった。
「フクロウは顔を洗う」
「・・・え?」
「えって、・・・え??」
「えええ??」
的な。

あれ、フクロウって顔を洗いませんか? うちのモリフクロウズだけだったのかなぁ。いや、先代も洗ってたし、結構な確率で洗ってたんだけどなぁ(主にモリフクロウが)。
ケージに水浴び用の洗面器が置いてあった頃、すたすた歩いて行った先代のモリフクロウ(灰)、そのまま洗面器の中に仁王立ちになった後頭をバシャッと水に突っ込んで、そのまま顔をプルプルと水の中で左右に振る。ガバッと顔をあげて、また水の中でプルプル。これを数回繰り返し。で、すっきりした、って顔をして歩いて出てきてた。
水を飲むときは縁に止まって水面に口だけつけてたので、明らかに飲んでるのとは違うし、水浴びならそのあと腹をつけて翼をわしゃわしゃ降り始めるのでそれも違う。
てっきりどこの水浴びするフクロウもやってるもんだと思ってたんだけど・・・。あれ、違う?

顔を洗ったモリフクロウ、後ろから見ると普通の姿なのに振り返ったら顔だけびしょ濡れで水が滴っていて、それがそのまま床を歩いたり飛び回ったりしてるもんだから、「うわーー! やめろー!! 拭けーー!!」ってなことになってたんだけど。
良く考えたら、ニシアメの場合は水浴びはいつも人気のないところでやっていて、浴びてるときは頭の先から全身ずぶ濡れだったので、頭を水に突っ込んでいたのは確か。ただ、顔だけ洗って出てきているところを見たことがない(動きも早いし、気付いたら水浴び終わってる)。あとモリフクロウ(灰)やモリフクロウ(茶)みたいに、常時のんびり水浴びできる水入れがあった奴らはほとんど毎日水浴びしてたから、やっぱり顔だけ洗ってたような記憶がほとんどない・・・。
うーん、のんびりモリフクロウのWCゆえの仕草だったのか??

あれは水浴びをやめた、もしくは水浴びしたくないときの簡易版水浴びだったのかなぁ。うーん。謎だ。
水浴びをしない種族は、じゃあ砂で顔を洗うのか、って話なんだけど。あれ、皆さんの家のフクロウたちはどう?




posted by モリフクロウ at 11:39| Comment(5) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

花鳥園のクリスマスと冬休み

ネ、ネタが・・・ということで、ネタに困ったら花鳥園だ!(違う)
クリスマスや冬休みの企画を用意されてるそうなので、各花鳥園の情報をそろそろ。
あ、回し者とか関係者とかそういうのではないですよ。念のため(笑)。行きたいのに行けないのでまとめているのでした。各項目の詳細はblogなどの公式の紹介記事にリンクしています。詳細を知りたい方はそちらをご参照ください。

■富士花鳥園 HPはコチラ 
 トップのクリスマス画像が、サンタ帽をかぶったスピックスコノハズクでかなり可愛いです。

 冬のイベント 
 スピックスコノハズク「ポッキーちゃん」の指乗せ体験(1回500円)が12/17(月)より再開
 ヨウムの「ヨーちゃんのプレゼント運び〜サンタさんのお手伝い〜」(12月の土日のみ)
 2013年のラッキーカラーをコガネメキシコインコ「コメちゃん」が占う「開運コメちゃん神社」(12月中は平日のみ。1月からは毎日)
 注意:フクロウの腕乗せ体験(14:00〜)は12/17より冬季期間中はお休み。10:30、15:00のみです。

 クリスマス商品充実してます 
 フクロウのぬいぐるみは定番として、この時期ならではのスピックスのクリスマスカードやポストカード。
 同じくスピックスのカレンダー。通販もできるそうなので、webショップかお電話で。

 
■掛川花鳥園 HPはコチラ 
 年末年始の営業時間延長のお知らせ
 2012/12/22(土)〜2013/01/06(日) 09:00〜17:00

 シロフクロウのハリー バードショーに参上!(2012/12/09(日)〜2013/02/28(木)までを予定)
 寒い期間しかフリーフライトできないそうなので、なんとかこの冬に見ておきたいんだけど、天候との兼ね合いもあってなぁ・・・(涙)。
 その他のバードショーについてはコチラ

続きは神戸花鳥園と松江フォーゲルパーク。


続きを読む
posted by モリフクロウ at 12:02| Comment(2) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

浜離宮で華やかなお正月

さて、今年も・・・いや、来年だ。もうすぐ今年が終わるんだなぁ。
さて、来年も都立庭園ではお正月に華やかな各種イベントが開催されるようです。都内の8公園・・・国分寺は市部だけど都内だからいいよな、うん。都内8公園でいろいろな催し物があるそうなので、お近くの方は是非。
詳しくはリンク先のURLもしくはPDFをご参照ください。

東京都公園協会のお知らせ 
『都立8庭園および神代植物公園では正月2日から開園し、新春にふさわしい様々な催しを開催します。
ぜひ、お正月のひと時を都立庭園・公園でお過ごしください。』

東京都公園協会作成のPDF資料 (内容は上記リンク先と同じですが、各公園の地図やなりたちなども詳しく載っています)

【日時】平成25年1月2日(水)、3日(木)9時〜17時
※最終入園は16時30分
【参加費】無料(別途入園料)
※ただし、軽飲食等は有料となります。

◇開催イベント
1. 浜離宮恩賜庭園「浜離宮恩賜庭園で華やかなお正月」
2. 旧芝離宮恩賜庭園「江戸の名園で、落語を聴いて初笑い!」
3. 小石川後楽園「大名庭園でお正月」
4. 六義園「六義園で過ごすお正月〜お囃子と獅子舞ご利益づくし〜」
5. 清澄庭園「下町気分でお正月」
6. 旧古河庭園「大正ロマンの庭園でお正月を楽しもう」
7. 旧岩崎邸庭園「旧岩崎邸の華〜金唐紙と和の調べで言祝ぐお正月〜」
8. 殿ヶ谷戸庭園「殿ヶ谷戸庭園でお正月を祝おう」

で、どうしてこれをご紹介するかというと、毎度おなじみ放鷹術。今年もお正月に鷹匠の実演が見られますよ。・・・これを紹介すると、一気に年末、年の瀬の気分になるなぁ。

 
続きを読む
タグ:放鷹術
posted by モリフクロウ at 11:27| Comment(6) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

動物カフェ

ちょっと前に出ていた本で、つい手に取ってみて驚いた。
猛禽カフェが・・・。
ああいや、できてるのは当然知ってたんですけどね。本に入るほどとは・・・。
現在は関東にちょこちょこと猛禽カフェがあるので、そちらのお店の紹介や地図が掲載されてます。
他にもうさぎや猫、犬、トリさんも(主にインコ)。いろんな動物カフェがありますなぁ。
一般的には、動物たちの姿に癒されながら、お茶やコーヒー、ケーキ、軽食を楽しめる場所って定義でいいのかな。

以前行ったことのあるお店も出ていたけれど、まぁ人によって感じ方は違うだろうから、どこがどんなだったかは割愛。気になる人は自分で行ってチェックしてみてください。

この本で紹介されていた高円寺の猛禽カフェは、先日オープンしているそうなので、気になる方は高円寺のふくろうカフェを探してみて。
うちの近所にはカフェすらないけど、うさぎやら猛禽やら、普段接する機会のない動物に接する(物理的に接するという意味ではなくてね)機会ができるってのはうらやましいなぁ。松本市内にもできないかなぁ。

 
posted by モリフクロウ at 11:16| Comment(3) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

ネタ切れさー

おー、あっさりネタがないぞー(笑)。
ってことで、庭を歩いては野生カボチャの実が転がってるのを発見して、毎日家に持ち帰ってはカボチャ料理と格闘している管理人。頑張って1個使い切ったと思ったら、また4つ見つけたよ・・・最後はトリーズにやるにしても、あまりに量が多すぎだ。肥料も世話もしてないのに勝手になったくせに・・・勝手になったカボチャをいただいてるから文句は言えないな。

ってことで今日は偶然みかけたフクロウネタを2つほど。
一つは神戸花鳥園(といっても、見かけたのは掛川花鳥園のブログ『ポポちゃんのお誕生日パーティー大成功!後編 &カラカラ新技お披露目も大成功! 』にて)。
画像だけ持ってくるのがあれなので、これはぜひリンク先の一枚目の画像で確認していただきたいのだけれど、掛川花鳥園のスタッフが神戸花鳥園に行って持ち帰ってきたお土産に、なんかものすごい贅沢なフクロウ時計が。あんまり詳しくはなからないんだけど、文字盤に各種フクロウがびっしりと16種類も。これはぜひ花鳥園で見てみたいぞ。いつ神戸に行けるかわからないけど(笑)。
しおりなんかも可愛いなぁ(こちらにもフクロウが)。作者はふじいまさゆきさんで、また12月に神戸花鳥園で販売されるそうなので、タイミングの合う方は是非。

もう一つはリュウキュウアオバズクの話。
偶然撮影されていた方がいたので、珍しいなぁと思った(『はいむるぶし』 小浜島生き物通信14-リュウキュウアオバズク )。
あまり話題になってるところを見かけないなぁと思ったリュウキュウアオバズクなんだけど、沖縄県のレッドデータブックでは準絶滅危惧種に指定されているから、明らかに数は減ってるんだろうなぁ。本州のアオバズクとそっくりで、あまり見た目に違いはわからないけれど、こちらは本州のアオバズクと違って渡りをしないでその場で繁殖する留鳥扱い。暖かい地方で餌も沢山あるから、年中そこらにいるってことらしい。
リンク先では、高い木の上で見張りをしてる姿だったり、睨んでる姿も見られる。中にはかなり羽根の生え換わった雛の姿も。
ちなみに本州のアオバズクは渡り鳥で夏の間しかいない。で、秋口に飛んでアジアの方に帰ろうとするんだけど、急に寒くなって餌がとれずに落ちて拾われるやつとか、なぜか池袋でみつかったりするんだ。

このブログを書かれた方の近くでは無事繁殖されているようなので、このままリュウキュウアオバズクの巣になる木の洞だったり、餌になる虫やカエルの豊かな自然が続きますように、と祈りつつ。
フクロウたちが生き残るためには、単に怪我をしたフクロウを保護して山に帰すだけじゃなくて、住処や餌がちゃんと担保されてないとダメなんだよね。相変わらず怪我をしたフクロウが何羽も地元で保護されてるけど、どうしてフクロウたちがそんなに怪我をするのか、考えてみなけりゃダメだと思う・・・。

もっとメジャーになって、とは思わないけど、フクロウたちの生態をもっと沢山の人たちが知ってくれたら、春先に雛を拾って帰る数も、夜道端で捕食してる最中に車に轢かれる数も減るんじゃないかなぁ。





posted by モリフクロウ at 11:13| Comment(2) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

フクロウたちの卵の話

chittaegg20070619 (2).jpgニワトリの卵についてちょっとやったので、今日はフクロウの話。
といっても見た目くらいしか書くことないけど・・・。

先日卵の形についてご質問があったので、我が家のアメリカオオコノハズク(ニシアメ)の卵をお見せする。といっても、これは無精卵だったのかまったく母鳥が抱卵する様子もなく、1か月以上放置されていたものなんだけど(当時の話はコチラ)。手に乗せてるとそこまで大きく見えないかもしれないけど、大体の大きさはピンポン玉くらい。表面はとてもつやつやしていて滑らかで綺麗で、殻は厚め。まぁフクロウの場合はちゃんとした餌を食べていればカルシウムに困ることだけはないから、頑丈で丈夫な卵になるんだろう。あと母鳥の乱暴狼藉に耐えられるように・・・(これについては後述(汗))。ニワトリの場合はカルシウム源に魚や貝殻をちゃんと与えないと、てきめんに殻が薄くて弱くなるんだよな。



incubator20080325.jpg.jpg
ピンポン玉との比較はコチラ。どのくらい転がりやすいかって言うと、この時の記事がわかりやすいけど、当時は母鳥が転卵(卵の温め方を均一にするために、卵の位置をときどき入れ替えること)や、卵を抱いてる窪みからはみ出した卵を元の窪みに収めるために、蹴って転がし壁にバウンドさせてたくらい。あのときは冷や汗ものだった。
「いくら殻が頑丈だからってーーー!!」 とモニターを見ながら絶叫したものだった・・・。ニワトリだってちゃんとクチバシで丁寧に、転がしづらい卵の位置を変えたり移動させたりするのになぁ。



続きを読む
posted by モリフクロウ at 11:48| Comment(2) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

ラジオとあれこれ

さてさて。週末のラジオを聞いてくださった皆様、感想を送ってくださった皆様、ありがとうございました。ラジオは、結果大分カットされて餌の話は出ませんでした。一応野生ではこんなものを・・・とかペットとしてはこんなものを、みたいな話はしたんですが。残念。ムササビを軸に野生の話が多かったから、あんまりペットとしての話は深く掘り下げられなかったかなぁ(編集方針で)。
やたらボンヤリ、うっかりな雰囲気だけ強調された感もありますが、まぁフクロウを飼うに当たっては、確かにそれが正しい一面であるものの(笑)それだけでなんとかなるものでもないので、いろいろ準備してから飼ってくださいね。
2.3日前に書いた『フクロウを飼いたい人たちへ』はこちらから。このblogを中心にまとめ直したフクロウ飼育の副読本『フクロウ飼ってます!』は左のリンクから。表紙はモリフクロウです。

続きは週末に時期を逃して告知し損ねたフクロウ関係の物を2つほど。



モバイルから拙著へのリンクはこちらから。『フクロウ飼ってます!』

続きを読む
posted by モリフクロウ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

フクロウを飼いたい人たちへ

なんか金曜日にアクセスが急増いたしまして、噂では某サイトでフクロウのペットの話題が紹介されたとかななんとか。
衝動買いを勧める内容ではなかったのか、『フクロウ 飼い方』『フクロウ 餌』などで検索されてきた方が多かったようです。普段の5倍近い人数がアクセスを(汗)。

適当なショップで適当なことを言われて飼うと、すぐに栄養失調になって、獣医も見つからなくて泣く羽目になったり、死んで悲しい思いをしますから、まずはよく調べてみてください。人に慣れる、慣れない、というのも実はショップにいる時点ですでにほぼ決まった事柄です。ネットでさっと調べるのも大事ですが、飼育本も出ていますから、ぜひ参考になさってください。『ザ・フクロウ』や、拙著『フクロウ飼ってます!』など目を通してみてくださいね(『フクロウ飼ってます!』では、餌や慣れ度のこと、飼育するにあたって危険なことなどを、このblogから抜粋してまとめています)。

どっちにしても、白くてふわふわのフクロウの雛を飼おうと思ったら、今は冬に向かって雛がほとんどいない時期です。アフリカオオコノハズクなんかは環境さえ整えば結構通年卵を産みますが・・・一応基本は春から秋にかけて。なので、今焦って成体の人馴れしない(注)フクロウを飼うより、来年の春まで調べて準備してじっくり環境を用意して飼った方が、可愛い雛の時期から手に入れることができますよ(力説)。
(注:成体だから絶対人馴れしないという意味ではありません)

・・・ぎゃー、今見たら、どっちの本もプレミアム価格に突然なってる! いや待って、自分の本はまだamazonに在庫があるから、定価で買えるけど、どうなってるの、波多野さん!!(多分『ザ・フクロウ』に関しては花鳥園や井の頭公園の花鳥園ブースに行けば、本はまだ手に入ると思います。『フクロウ飼ってます!』は、お近くの書店でお取り寄せ注文するか、amazonなどネットからご注文を)。

ネットで調べたい方はPC表示で右の方の『フクロウ固定記事』や、『フクロウ飼育の基礎知識カテゴリ』に餌の話などが出てますので、そちらからどうぞ。



posted by モリフクロウ at 22:02| Comment(5) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

SUNTORY SATURDAY WAITING BAR

ちらっとラジオに出ることになりました。

実はほとんどラジオを聞かないので知らなかったけど! 有名な番組だった! 出てから知った! どうしよう!(汗)
夜行性動物がテーマで、その1コーナーとしてフクロウについて話します。
TOKYO-FM「SUNTORY SATURDAY WAITING BAR」
2012年11月3日17:00〜 
http://www.avanti-web.com

週末に取材されてきました。事前打ち合わせ等何もないので、本当にその場でアドリブ(笑)。
焦るわ! (アドリブ弱くて気の利いたことを何も言えてないません。ごめんなさい(汗))。

フクロウという動物をまるで知らない人(「フクロウってかわいいですよね」「フクロウって何を食べるんですか」「フクロウってどこにいるんですか?」)に、ざっくりお答えするような内容なので、ごく一般的な話をしたつもり。ただそのくせ、ペットのフクロウの餌とか専用冷凍庫の話とかしてきたけど。
編集されてどうなるかわからないけど、多分狼狽してる管理人の声が聴けると思います。後から考えたら、「こんな話も、あんな話も、あれもそれもできたな、畜生!」ってことが一杯あったけど、もういい、考えない(笑)。

今だから一つ懺悔します。フクロウのサイズの話をしたときに、ついうっかり「YEBIS●の350ml缶くらい」って言ってNG出しました。済みません、スポンサー様のこと忘れてました。「MALT●」って言うべきでした。 済みません、済みません。ってことで商品名カットになってます(笑)。使われるかどうかわからないけどね。

フクロウのことをまるで知らない人でも興味を持っていただけると嬉しいな。

posted by モリフクロウ at 11:44| Comment(10) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

片翼フクロウのこと

rai20121015.jpgこれが最後の日の朝の画像。この時は本当に普通で、この後置いたマウスを食べてもいたんだけどな。
こいつがよく床にいたのは、やっぱりうまく行きたいところにいけなくて、棚に載ろうとして落ちていたせい。どこかおかしいのはわかっていたんだけど何もできなかったね。
一度は棚みたいなものを全部なくそうとしてみたんだけど、どうしても高いところに行くって譲らなかったんだ。



rai20121012.jpgこれはケージから脱走してうろうろとしているところ。
一度床に落ちるとなかなかあがれないんだけど、人間が助けようとするほどストレスを感じるのでほっといてた。



続きを読む
posted by モリフクロウ at 11:51| Comment(6) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

いい報せと悪い報せ

タイトル通りいい報せと悪い報せがあるんだ・・・。

いい方から言っておこうか。とりあえず今度ラジオに出ることになったらしい(これから取材なので、何の話を聞かれるか知らない)。東京FMの番組だけど、詳細はまた改めて。

悪い方・・・先週の土曜日に片翼のフクロウが・・・。


続きは悪い話。




続きを読む
posted by モリフクロウ at 18:02| Comment(7) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

ちょっとイイ餌付けの話

えーと。予定を変更してちょっと違う話をお送りしております。あんまり興味のない方もいると思うけど、ぜひ最後まで読んで、考えてみてください。

『家の近所にフクロウが来るので、フクロウのために餌を置いておくことにした。ネズミが好きだから、冷凍ネズミをショップで買って、一日に1、2匹見晴らしのいい台の上に置いておく。きっと野生のフクロウが来て食べるだろう。』
『餌がたくさんとれればフクロウがもっと増えて、豊かな環境になるに違いない。』

なんて言う話を聞いたらどう思います? 
フクロウの保護に積極的に関わってて、イイ話ですよね。イイ話だから、うちでもやってみよう、全国にこの運動を広げようって思いません? (現実的かどうかはともかく)

でもそれ本当にいい話なの??

これがいい話だと思った人はちょっと良く考えてみてください。どうしていいと思ったのか。どうしてよくない話だと管理人が言おうとしてるのか・・・。
続きはこの手のお話。




続きを読む
posted by モリフクロウ at 13:12| Comment(6) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

2013 owls calendar 第3弾

第一弾はコチラ
第二弾はコチラ

海外発注分がちょこちょこ届いて、正直今年はこんなもんかと思っていたフクロウカレンダーに、また新たな風が!
今年はいつになく沢山手に入る気がするなぁ。海外で作られる数が増えてるんだろうか。まさか第三弾まで来るとは思わなかったよ。

ナショナルジオグラフィックのカレンダーもいいけれど、これはこれで新しいなぁ、というのをご紹介。



ノーチェックだったBeautiful owls。Ivy pressのもの。これまでのフクロウカレンダーとは一味違って、スタジオで各フクロウを撮影しただけあって、黒の背景にたたずむ各種フクロウたち。個人的にモリフクロウとアメリカオオコノハズク(ニシアメ)が大写しなので、今年はこれが一番推しかも。登場するフクロウたちは、ニュージーランドアオバズク、メンフクロウ、ニシアメ、黒いメンフクロウ、メガネフクロウ、シロフクロウ、ナンベイヒナフクロウ、モリフクロウ、スピックスコノハズク、ワシミミズク×3種。2度予約したけどそのたびにキャンセルをくらってなかなか手に入らなかったいわくつきの品。今は在庫が補充されているようなので、すぐ手に入るかも。

amazonの方に裏がないけど、ちょっと普通のカレンダーとあまりに雰囲気が違うので一応載せておく。ものすごくクールな感じでしょ。嫌いな人もいるかもしれないね。



beautifulowl.jpg















続きを読む
posted by モリフクロウ at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

便りのないのはよい便り

rai20120930.jpg丸くなりました。→
体重はそれほど増えてない。換羽と代謝にエネルギーを使ってる模様。食べ残すくらい食べてるからあんまり心配はしていないけど。


あまりネタがない・・・。

案の定ほとんどネタがないですよ。というのも、一日に目にするのが数度。そのたびになんかやらかしてたら、こいつの脳味噌はどうなってんの、ということになるわけで・・・(笑)。まぁ便りのないのはよい便り的な何かですな。

丁度3か月経った片翼のフクロウ。実は以前置いた棚にはこっそり上っている。
あえて「こっそり」とつけるのは、そこに餌を置いておくとちゃんと食べているので、乗っているのは確実。さばいてそこで食べた跡もあるんだけど、乗ってるところをほとんど目撃したことがないから。人間が寝る前に見に行く時間にはまだウォーミングアップ中で主にケージの上でウロウロしてるし、人間が起きて見に行く時間にはケージの中にちんまり納まっていることが多いんだよなぁ。夜中窓の外をみるときには乗ってるんだろうか。
折角置いたのに残念だけど、まぁ使ってるならいいか・・・。


続きを読む
posted by モリフクロウ at 11:58| Comment(5) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

狼狽するフクロウ

rai20120921.jpg画像と今日の話はまるで関係ありません(笑)。撮ったけど使うの忘れてた。お前、口にタオルの糸がついたままだよ!
(タオルを丸めたのをオモチャにして遊んでる。もうボロボロ・・・)





丁度中秋の名月の時のこと。
フクロウ部屋は夏の間は2階でやたらと日当たりがよく、しかも松本はかなり暑いので、窓は少し開けていることが多かった。ところがその日は生憎の雨。それも台風の影響で横殴りの土砂降りの。最近気温もかなり下がって来たので、昼の間は窓を閉めておいたけれど、夜になってやっぱり室温が気になって餌やりがてら覗きに行った。

「入るよー」
ガチャ。
わざわざ声をかけて部屋に入る。一応階段を上がってくる音で気付いているとは思うんだけど、驚かさないように、と配慮してたはずだったんだけど・・・。
入って電気を点けた瞬間、窓枠に貼りついて外を見ていた片翼のフクロウが、まん丸い黒い目を見開いてハッと振り返る。そのはずみで足を滑らせた。

ぼてっ。

翼をばたつかせながらそのまま床に落ちた。

・・・。

・・・。

一体何やってんの。声もかけたよねぇ(汗)?



続きを読む
posted by モリフクロウ at 19:34| Comment(4) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

2013 owls calendar 第2弾

2013 owls calendar 第1弾はこちら。今の所一押しについてはNational geographicで変化なし。
他の物もちょこちょこ届いたので一応ご報告を。


前回も紹介したけど、実物が届いた日本製の小さなふくろうカレンダー。山と渓谷社から。
日本のフクロウのなかでも北方の亜種(白くて大型)をテーマにまとめたもの。
こちらは本屋さんに置いてあると思う。裏に12枚分の写真が一覧で見られるようになっているので、気になる方はそちらでぜひ。
4月から7月までは白い雛の画像が使われている(実際の雛の時期はこんなに長くないけれど)。まぁこの時期は雛フクロウが間違って誘拐される時期でもあるので、このカレンダーの雛画像を見たら、「フクロウの雛を誘拐しちゃだめ!」ということを是非思い出してほしい(笑)。
相変わらず雪の中でもふっとしていたり、樹洞からぼんやり外を眺めていたり、2羽でまったりしていたり、リラックスした顔つきの多いカレンダー(11月のぞく)。




続きは海外カレンダー3つ。やっとみつけたニシアメのカレンダー。もう一枚は違った・・・。もう一枚はヒガシアメだった・・・(右がニシアメ。左はニシアメっぽいんだけど違う)。
whiskeredscreech.jpgwesternscreech.jpg











続きを読む
posted by モリフクロウ at 19:41| Comment(2) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

本日発売!


本日発売といっても某スマホではなく・・・。

なんとフクロウが主役のDVDが本日発売になりました。
先週から書こうと思ってて忘れてたよ・・・。掛川花鳥園と富士花鳥園のフクロウたちが出演しています。
以下、掛川花鳥園のHPより。




『ふくろう日和』
 2012/09/21(金) DVD on Sale

amazon等のネットショップでも購入可能。
掛川花鳥園の売店でも入荷次第販売を予定しております。

●収録時間/45分+特典映像7分
(※特典映像/フクロウイロイロ〜世界のふくろうギャラリー〜)

●『ふくろう日和』チャプタータイトル
オープニング
オープニングアニメーション
ホー!ホー!ホー!ふくろう登場
小さき門番〜うっとり篇〜
270度な奴ら
ココとポポの世界
大地を駆けろ!
スマイルは夢の中
昼下がりのシャワー
翔べ!ふくろう
小さき門番〜ほっこり篇〜
ふくろう黄昏れ

【特典映像】
フクロウイロイロ〜世界のふくろうギャラリー〜




続きを読む
posted by モリフクロウ at 11:21| Comment(3) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

チキンなフクロウ

rai20120915.jpg連休中に、以前宣言した通りフクロウ部屋を少し改造した。というか新しい木の棚を入れてみた。
みたんだけど・・・人間側の完敗だった・・・。

棚を動かした初日。ものすごい嫌そうに「何それ、何もってきたの」と迷惑顔をしていた片翼フクロウ。
ケージの中からじっと棚を観察している(置いたのはケージの外)。
まぁとはいえ乗って欲しいから、ケージの扉を閉め忘れた体でそっと部屋を後にする。決して頭の悪くないフクロウときたら、さっさと半開きの扉からケージの外に出て、部屋の中を探検する物音がしていた。


何時間か後。そろそろいいかと様子を見に行くと・・・。
いつも通り、ケージの上から窓の外を眺める片翼フクロウの姿が・・・。あれー?
ケージより棚の方が高いんだよ。普通なら棚に行くだろ、と思ったんだけどな。飛べないから高さがよく把握できていなかったり、新しい棚が気に食わなかったり、なんか嫌だったのかもしれない。
結局その日の夜は棚に近づいた様子もなかった。

新しいものが出現したら、警戒して近づかないのはモリフクロウもフクロウも同じだな。チキンめ!



続きを読む
posted by モリフクロウ at 18:44| Comment(3) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

【協力願い】メンフクロウを探しています

予定を変更して、メンフクロウがらみの話を。
正確にはメンフクロウの飼い主さんを探しています。
先週の木曜日、東京都調布市で一羽のメンフクロウが保護されました。
「またロストかぁ・・・」
と最初は思ったものの、なんだかいつもと様子がおかしい。
普段なら大抵ロストした飼い主さんが必死に
「どなたかメンフクロウを見かけませんでしたか!?」「探しています!」
とあちこちに書き込みをしているものなのですが、今回は音沙汰なし。
ロストしたメンフクロウ当人がここにいるのに、ロストした情報を耳にしません。

一体何があったんだ・・・。

 

続きを読む
posted by モリフクロウ at 11:24| Comment(4) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

朝風呂好き

rai20120912.jpg片翼のフクロウ話。
水浴びが大好きでしょっちゅう浴びてる。それこそ前夜にプリッとやった水で浴びたりもして、綺麗になってるのか汚くなってるのかどっちなんだ、とツッコミいれたくなる。どうしてそういうところでプリッとやるのかね、君たちは。

毎朝大体同じ時間に人が見に来るのを知ってるくせに、水浴びの時間は頑として変えない。で、濡れてるとますます飛べなくなってるのはわかってるから、こういうときは盛大に威嚇(パチパチはやらないけどね)。そんなにいやならもっと夜中に浴びて、朝までに乾かせばいいのに・・・。

←水がまだ乾いてないので焦ってる。そのくせケージの最前列で外を見て、さがろうともしない奴・・・。「やんのか!」って顔してるから、まぁいいけどさ(笑)。






今週も暴れまくっていて、しつこく脱走を繰り広げるとか・・・。
モリフクロウはちょっと大きめの握りこぶし大の穴があれば頭が通るし、翼の幅さえクリアすれば変な隙間から抜け出せていたけど、ウラルも同じ。こちらはちょっと大きめのリンゴくらいの穴で十分。しかも片翼なんでさらに普通より翼が通りやすいときた。
天井代わりのシーツの隙間を目ざとく見つけてはそこから出て、ケージの上から外を眺めている。
変なところにはまられても困るので、見つけては逐一シーツの隙間を洗濯ばさみでとめてるんだけど、明らかにイタチゴッコ(汗)。脱走して、手に乗せてケージに戻して、1時間後に見たら別の場所からまた脱走してたりね。
なんかもう、脱出マジックに付き合わされてるみたいになってきた。だってだんだんどこの穴から脱走してるのかわからなくなってきたんだよ! どこもほぼ「これは通れないだろう」って隙間になって来てるんだよ。もう(笑)。


 

続きを読む
posted by モリフクロウ at 11:27| Comment(3) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

2013 owl calendar

amazoncalendar.jpgああああ。やばいやばい。カレンダーの時期だった!!

以前なら、夏に入ったら即海外のサイトでカレンダーを買い付けて来るんだけど、ここ数年まともに買ってなかったから、すっかりリズムが・・・。まるでうっかり忘れてたよ。

ということで、いつもなら紹介するときには大抵手元にカレンダーがあるんだけど、今年はまだほんの一部。でもとりあえず一押しだけは紹介しておこうと思う。
amazonに載ってないカレンダーをいくつか注文したので、手元に来てよさそうだったらまたご紹介を。
画像はNational Geographicのカレンダー。なんで丸がついているかはこの後で。
そういえば、以前はかなり高かった海外のカレンダー類だけど、円高がちゃんと反映するようになったのか、かなり値が下がってきたね。細いスリムなタイプや、通常の壁掛け型より小さなタイプもあるので、買うときに注意が必要だけど。










続きを読む
posted by モリフクロウ at 11:48| Comment(2) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

そんな棚で大丈夫か?

ということで予告通り片翼のフクロウの話に戻る。
最近のヤツときたら、暇を持て余してるらしく、入れてやったオモチャのタオルはズタボロ。犬用の頑丈なヌイグルミもちぎれて中から綿がはみ出してる有様。今の所、ハンズで買ってきたウサギの毛皮は本体が丈夫なので多少長持ち、そのまま握ったり引きずったりして遊んでる様子。まぁ2階の腰窓なので、日がな一日窓から空を見るしかなくて、退屈してるんだろうなぁと思う。
地面が見える場所ならまた違うのかもしれないけど(スズメだらけだから)。

大分体力も回復して来たみたいだし、バランス感覚もそこそことれてきて、いきなり飛びずさっても転んだりしなくなった。部屋の改造は遅々として進まず(荷物を他の部屋にいれてるところ)、ケージに別の物を入れて様子を見ることにした。

tana.jpgで、入れたのがこんなん。安くて頑丈。

 

rai20120903_2.jpgで、入れた時の様子がこんなん(笑)。明らかに「何、何しに来たの? ってかそれ何!?」と不審げ。あのね、写真撮ってるところから30センチくらいしか離れてないんだから、もう少しびびるとかあると思うんだけど。

怯えて固まるかと思ったけれど、なんだか割と普通に見えた。もしかしたら人間が来た時点で結構固まっているので、その延長にいたのかもしれない。まぁ怯えてケージの隅に逃げる様子もないし、そのまま放置してみた。




続きを読む
posted by モリフクロウ at 12:01| Comment(5) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

シロフクロウとウラル

snowyowl.jpgシロフクロウを飼うのは大変だぞ! 「ダーウィンが来た」でシロフクロウを取り上げていたからって、飼おうとするのは早計だぞ!(とりあえずいつもの警告を)。

昨日のダーウィンのシロフクロウの回、珍しく見てたけど、母親フクロウが死んだ雛を他の雛に分け与えて食べちゃうとか、雛なのに水の中を泳いでたり、野生で生きるのは大変だなぁと思うシーンが多かった。まぁ野生で生きていくというのはそういうことで、あのサイズのフクロウで、あれだけ沢山の雛を産むのは、実際環境が厳しくてあのうちの1羽生き残るかどうか、ってことなんだろう。無事に暖かい地方に渡って、たくましく成長して帰ってきますように。
ああいう厳つい顔して見えるくせに、嫌なことがあるとピルピルと可愛らしい鈴を振るような声で鳴くんだよ。嫌がってるってわかってもらえなくて可哀想なことがある・・・。

再放送もあるので、見逃した方はそちらでぜひ。
9月7日(金) 午後4時05分〜4時36分
「シロフクロウ一家 北極圏の大冒険!」

以前、テレビでペットとしてシロフクロウを取り上げられた時に書いた記事はコチラコチラ。いやもう、ほんと、日本の狭い家事情と蒸し暑い気候は向いてないから、もし飼うつもりの人は本当に注意してあげてください。

ということで画像はシロフクロウのショットグラス。某所のクラフトフェアで買ってきた。中身はWhisky。本当はモルトグラスの方が香りが楽しめるけど、全部なくしちゃって手元にないから、当分はこのグラスに。薄白いところがシロフクロウっぽい(笑)。



続きを読む
posted by モリフクロウ at 12:29| Comment(7) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

ちょっと嬉しいけどグロい出来事

rai20120828.jpgまだまだ暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか・・・。もうすぐ9月ですよ。
先週はこっそり出かけていたりなんだりで、全然更新できず・・・反省。


実は片翼のフクロウに、少し嬉しいことがあった。
ただ、餌の描写が入るので、そういう話が嫌いな人は見ないように。

画像は今朝のUral owl。まだ口を半開きにして多少の威嚇をしてるけど、怖い威嚇というよりやる気の威嚇。元気になってきてよかったな。
喜んでないよ、これ、軽い威嚇の顔だよ(大事なことなので2度言いました)。

 

続きを読む
posted by モリフクロウ at 11:50| Comment(7) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

最近のフクロウ

えー。お盆も終わってしまいまして・・・。勿論花鳥園なんて行けてません(汗)。
約11か月近く闘病生活を頑張っていたトリーズが1羽(腫瘍)がひっそりと星になっていきました。朝はまだ餌を食べていたのに、昼にはダメだった・・・。しょんぼり。

rai20120815.jpgなんとか夏の一番暑い盛りを乗り切った感じのフクロウ。相変わらず人が通りがかるたびに「じとーーっ」とした視線を送ってくるけれど、窓の開け閉め程度でケージの外を通るくらいなら威嚇はしなくなった。
立ち止まって、しゃがんで、じーっと覗き込むと嫌そうに怒る。うん、まぁそれは仕方がないな・・・。止まって視線を合わせてくるっていうのは、自分を襲いに来たんじゃないかって思ってるからな。朝の体調確認のほんの10秒くらいだけだよ。我慢してくれ。

実際ちょっとずつどうでもよくなってくれているらしく、ハーハー盛大な威嚇もほとんどなくなったし、ときどきは地面や空を見ているのに夢中で、威嚇するのを忘れてくれるのでありがたい。
最近の画像はこんな感じ。
かなり丸くて艶々になって来たんじゃないかな。人間に背中を多少見せてもよくなった(気を許したというよりは、他にもっと気になることがあるから・・・)らしい。

あ、勿論ケージに餌をやりに入ると怒る。水を換えても新聞を換えても怒る。ケージという安全な空間と距離がなければ人間なんて大嫌い。まぁそういうこと。

 
続きを読む
posted by モリフクロウ at 11:47| Comment(6) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

お盆は花鳥園で

とかいって決して回し者というわけではなく、自分も行きたいのでいくつか花鳥園ネタをピックアップ。

特にお盆時は花鳥園でいくつかイベントを開催しているそうなので、迷ってる方はこの機会にぜひ。今年こそ行くぞ、と言っておきながらもう8月だよ。うーん、管理人的には行けるかどうか微妙になってきた・・・。というのも今年に入ってから、ずーーーーっとトリーズの誰かが調子を崩して強制給餌だのなんだので、誰かに預けていくなんて余裕が全然なかったんだよね(現在進行形)。

さて。
富士花鳥園 
フクロウの腕のせ体験』がお盆期間(8/11〜19)パワーアップだそうです。
普段よりも多くの種類のフクロウが登場するそう。
メンフクロウ、ナンベイモリフクロウ、モリフクロウ、オオフクロウ、ベンガルワシミミズク、クロワシミミズク、トルクメニアンワシミミズク、ユーラシアワシミミズク・・・に場合によってはスピックスコノハズク。
時間ごとに登場フクロウが変わるそうなので、ショーの時間等を要チェック。

神戸花鳥園 
夏休みイベントと営業時間のお知らせ
8/12-14はバードショーが1回追加。16:30−の回が増えます。
小さなアヒル『コールダック』を膝に乗せて記念撮影も。

また、期間中8月13日(月)、14日(火)、15日(水)の3日間は、営業時間が延長されます(9:30〜17:30(入園締切17:00))。
その他、動物イラスト工芸販売も(これはよくわからないけど、画像ではシロフクロウやメンフクロウのイラストがあった)。
8月18日(土)〜19日(日) / 8月25日(土)〜31日(金)

松江フォーゲルパーク 
こちらは特にお盆限定の鳥系のイベントはなさそう。フクロウの羽根の販売をしてるかも。

掛川花鳥園 
こちらは特にお盆限定のイベントはなさそう・・・2012/08/11(土)〜2012/08/19(日)は、日祝日と同じ扱いで開園時間が09:00〜17:00に延長されている気がします。
ヘビクイワシ(英名はsecretary bird)のショーはちょっと見たい気もする(通常イベント。ただし晴天(で鳥の機嫌がよいとき?)のみ)。

暑いのでシロフクロウたちが避暑でショーに出ていなかったり、ワシミミズクが水浴びしまくっていたり、まぁいろいろと夏は夏なりの花鳥園の楽しみ方がありそうです。
行かれた方は感想をぜひー。
posted by モリフクロウ at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | フクロウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


記事に入れると後々面倒なので こっちに分けてみました。 他のblogをお探しの方はコチラから。
にほんブログ村 猛禽類 にほんブログ村 猛禽類へ
人気blogランキング 人気blogランキング ペットへ
ブログ王 ペット ブログ王 ペットへ
blogram投票ボタン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。